【感想】ホリエモンの『ゼロ』ってどんな内容?【要約・レビュー】

【感想】ホリエモンの『ゼロ』ってどんな内容?【要約・レビュー】ビジネス
  • ホリエモンの『ゼロ』ってどんな内容?
  • なんのために働いているかわからない
  • これからの将来に漠然とした不安がある

そんな疑問を解決します。

高校受験、大学受験、就活と「安定と言われるレール」に乗ってきた人生を歩んできた。
しかし、今から40年以上働き続けれるのか不安で仕方がない。

有名な企業に入ったけど、一生このまま働き続ける自信がない。

社会人になって少し落ち着くと、将来について少しづつ考えるようになり、漠然とした不安を感じることがありますよね。

そんな悩みを解決してくれる一冊です。

甘い言葉をかけてはくれませんが、不安を払拭する方法を与えてくれます。

記事の内容

将来やお金について漠然とした不安がある、何が楽しくて生きているかわからない。
そんな人の背中を押すホリエモンの『ゼロ』を要約します。

おまけ:本を『聴く』のも流行中

最近、Aamazon社の『Audible(オーディブル)』というオーディオブックが流行っています。

本を読みたいけど時間がない…。
作業している時間を有効活用したい…。

そんな方におすすめ。

今なら無料体験できます。

>> Audible(オーディブル)を1ヶ月無料体験してみる

スポンサーリンク

ホリエモンの『ゼロ』ってどんな本?

ホリエモン氏著書の「ゼロ」

ホリエモン氏が刑務所に収監された時に書き始めた本です。

生い立ちから、ビジネスをはじめた時の心の移り変わりなど、彼の人生そのものを記しています。

「ゼロ」は刑務所に収監された時の様子を表していて、
「どれだけ失敗してもマイナスにはならない。ゼロ(スタート地点)に戻っただけだ。」という挑戦し続けるマインドを表している。

「小さな成功体験」を積み重ねよう

あなたが将来や人生に怖じ気付く理由

良い企業に行けるかわからないから転職できない。
振られるかもしれないから告白できない。
失敗するのが怖いから挑戦できない。

そんな不安の根源をホリエモン氏はこう語る。

僕は、女の子の前で挙動不審になっていた。

(中略)
結局これは、女の子を前にした時の「自信」の問題なのだ。そして僕には、自信を形成するための「経験」が、圧倒的に不足していたのだ。

第2章 仕事を選び、自分を選ぶ

そう、「圧倒的に経験が足りない」ということ。

経験が足りないから、自信が出ない。
自信が出ないから、不安で行動ができない。

不安を払拭する方法、それは「挑戦すること」だ。

少しずつ挑戦し、「小さな成功体験」を積み重ねていけば自信は自然と湧いてくる。

挑戦を支える「ノリの良さ」

友達からヒッチハイクに誘われて、やってみるのか、断るか。

第2章 仕事を選び、自分を選ぶ

平凡な人生を生きるのが嫌なら、挑戦すれば良い。

挑戦すれば良いって言われても、何を挑戦したら良いのかわからない。

答えはとてもシンプル。

「ノリ良く生きよう。」

ホリエモン氏は学生時代、仲の良い友達にヒッチハイクに誘われた。
コミュニケーションが苦手だった当時のホリエモン氏だが、
「おもしろそうだ!」と感じて即決。

その時に培ったコミュニケーション能力が今でも生きている。

ヒッチハイクに誘われた時、「自分を変えよう」とか「殻を破ろう」と考えていたわけではない。
「楽しそうだし、やってみるか!」で実行に移した結果、実を結んだ。

ノリの良さがチャンスをものにした。

僕も高校時代「バイク一緒に乗ろ!」というバイトの先輩の誘いに乗り、バイクにどハマりしました。

そして気付けば、バイクで日本一周していた。

ゆうき
ゆうき

人生が変わるきっかけって案外、その辺に転がってるのかもしれないね。

なんのために生きるのか

「やりたいことがない」は嘘

やりたい事を仕事にしよう

最近の YouTuber が言いそうなセリフ。

やりたいことがないから困ってるんだ。

と反論したくなる。
しかし、本当にそうでしょうか。

  • ゲーム実況で生きていきたくない?
  • 好きな女優がいるなら、一緒に仕事したくない?
  • いろんな国を旅しながら発信して生きていきたくない?

そう聞かれると、もちろん「できるならやってみたい!」と思うだろう。
ではなぜ、やりたい事として思い浮かばないのか。

それに対して、ホリエモン氏はこう言います。

「できっこない」という心のフタさえ外してしまえば、「やりたいこと」なんて湯水のようにあふれ出てくるのだ。

第3章 カネのために働くのか?

行動を起こす人とそうでない人の違いは、「できる理由を探す」のか「できない理由を探す」のか。

さっきの章の話に戻りますが、「できない理由を探す」のは不安だからで、不安の原因は「圧倒的に経験が足りないから」となる。

まず一歩を踏み出さなければ、何も始まらない。
そして老後に「あの時〇〇しておけば良かったな…。」と後悔することになる。

ゆうき
ゆうき

とりあえず行動してみよう。の一心で僕はブログを始めました。

ホリエモンが働く本当の理由

有限の時間をどう生きるか

今、多くの人は人生が無限のように感じている。

今日も暇だなあ。

YouTubeでもみるかあ。

こうして YouTube や Twitter 、ゲームなどで時間を潰すことがある。

ホリエモン氏からすると、「時間を潰す」という発想自体ありえない。

時間とは、「命そのもの」

第5章 僕が働くほんとうの理由

余命1ヶ月を宣告されたら、僕らはどうするだろう。

まだ人生終わりたくない。

アレもコレもまだできてないし…

そうなるのは目に見えている。そして、やりたいことを全力でやるでしょう。

しかし、僕らも健康寿命という「おおよその余命宣告」は受けている

現在の日本の平均寿命は80代だ。
20代ならあと60年ほど。40代ならあと40年ほど。

50歳になってライブで楽しめるか?
80歳になってスカイダイビングできるか?

そう考えると、したいことに使える時間はもっと短い。
後回しにしているうちに、人生は終わる。

ゆうき
ゆうき

やりたいことは、今やっておこう。

体が動かなくなって、思い出に浸ることしかできなくなる前に。

人生には「いま」しか存在しない

10代や20代のうちから「年金どうなるんだろう」と考えたり、人生のロードマップを作ったりする人がいる。
30代になったら名前を売り出して、40代になったら大勝負を…と。

ホリエモン氏はこれを否定する。

彼は10年後、20年後の自分について「いっさいの計画を持ってないし、不安もない。」と語る。

不安がないのは、ホリエモンが生きていくのに困らない資金があるからでしょ

そう思ってしまいがち。
お金の不安に関しては、この動画を見てみましょう。
0:48〜

『非常識に生きる』ホリエモン流の仕事哲学を語る

確かに僕たちは、お金に対して不安を持ちすぎているのかもしれない。

なら、計画をして生きていないのはなぜか。

それは、予測不能なことが多すぎるからだ。

20年前に、スマホを想像できる人がどれだけいたか。
インターネットがこれほど普及するのを予測する人がどれだけいたか。

そう考えると、20年後の計画なんて馬鹿らしい。
戦争になっている可能性もあれば、日本の国籍や国境が今の役割を果たせているかもわからない。

僕らの人生には「いま」しか存在しない。
過去を振り返っても事態は変わらず、未来に怯えても先へは進めない。

第5章 僕が働くほんとうの理由

確かに、将来に不安を覚えている瞬間って、だいたい何もしていない。

何かに真剣に取り組んでいる時に、将来の事を心配する余裕なんてないはずだ。

ゆうき
ゆうき

やりたいと思ったことは、思った瞬間に行動に鬱そう。

ホリエモン著書『ゼロ』と合わせて読みたい本

ホリエモン著書『ゼロ』と合わせて読みたい本

金持ち父さん 貧乏父さん

学歴が高くて立派な働き方をしている『貧乏父さん』と、勉強はできないが、お金を働かせることができる『金持ち父さん』からお金について学ぶお話。

『貧乏人とお金持ちの考え方の違い』を教えてくれる一冊です。

バビロン 大富豪の教え

バビロニア王国を舞台に、貧しい少年が大富豪に教えを乞い、それを実践してお金持ちになっていく話です。

『お金持ちになる大原則』を教えてくれる一冊です。

読みやすい漫画版もあります。

DIE WITH ZERO 〜ゼロで死ね〜

多くの人は死ぬ時に一番お金を持っている。それほど勿体無いことはない。最高の人生を送るには『資産を0にしてから死ね』と説く本。

全米注目のミリオネアが『究極の人生戦略』を教えてくれる一冊です。

ホリエモン著書『ゼロ』要約:おわりに

ホリエモン著書『ゼロ』要約:おわりに

今回、『ゼロ』の要約と感想を紹介しました。

僕が読んだ感覚的に、こんな人にオススメします。

  • 働く意味がわからない。
  • 人生に行き詰まっている。
  • ホリエモンの半生を知りたい。
  • 挑戦したいことがあるが、不安で踏み切れない。

僕はこの本を読み、『働く意味』と『やりたいことの見つけ方』を考えさせられました。
挑戦したい気持ちを押してくれる、満足のいく一冊でした。

きっと共感できる方も多いはず。

あなたも『人生における働きの意味』を見つけましょう。

タイトルとURLをコピーしました